« アラビア方面クエ(ほとんど)終了 | トップページ | ちょっとインドまで行ってきました »

2006/10/01

冒険のための言語について

 今現在持っている言語は、母国語の英語、連れている副官が持っているフランス語、ペルシャ語、スワヒリ語、ポルトガル語、インド諸語。

 これにどんな言語を加えたらいいか考えました。最初はスペイン語とアラビア語を持っていました。しかしセビリアで受けられクエはほとんどリスボンでも受けられるのでスペイン語は削除。替わりにイタリア語を入れました。アラビア語とイタリア語は使える都市が結構ダブっているんですけど、イタリア語は美術のクエ、アラビア語は財宝鑑定のクエの条件に多いので両方とも採用です。

 もう1個ぐらい入れ替え用の言語を覚えたい。しかし今度は今持っているスキルを切らなくてはなりません。候補は2つ。6まで育った鉱石取引と3の貴金属取引。鋳造はカンストしたしカテ2も沢山持っているのでここは鉱石取引を切る事にしました。まあ、貴金属取引もそのうち切っちゃうかもしれませんが。んで、とりあえずギリシャ語を覚えました。ちゃんちゃん。

|

« アラビア方面クエ(ほとんど)終了 | トップページ | ちょっとインドまで行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冒険のための言語について:

« アラビア方面クエ(ほとんど)終了 | トップページ | ちょっとインドまで行ってきました »